2008年06月24日

四十九日を迎えて。





ご無沙汰しております。

テオママです。

皆様にはご心配をかけ、温かいお言葉を多数頂いており、
皆様お一人お一人にお返事を差し上げようと思っていたのですが、
毎日が刻々と過ぎ、今日にまで至ってしまいました。
申し訳ありません。


そして、6月22日の日曜日、テオの四十九日を迎えました。


出会いがあれば別れがあるとは分かっていましたが、
まさか自分にこんなにも早く訪れるとは正直思ってもいませんでした。

そして、その別れの日から、あっという間ではありましたが、初七日・二七日・三七日・・・・・と
毎週数えるようにして迎えていただけに、時間だけが過ぎてしまった感があり、
未だに信じられずおりますが、一つ一つの全てを心に刻んでおります。


この日は私にとっても、テオにとっても大切な日でありましたので、
お寺で四十九日の法要をお願いしてまいりました。
テオパパ、私以外に、ドゥッガ一家(ドゥママ、ドゥッガ君、アマル君)、
ステラママが同席してくださいまして、小さいながらも心を込めた法要を行えたと思っております。

たくさんの方から、これが最後の別れではなく、またいつか会える日が来ると教えて頂きました。

それまでの間、お空の上にいるたくさんのお友達と一緒に楽しい時間を過ごしていて欲しい。
ゆっくりと毎日を過ごしてほしい。
今はその気持ちでいっぱいです。



皆様にとって大事な家族との貴重な時間を大切に過ごしていって下さいね☆
私もテオに笑顔で会えるように、前を向いて進んでいきたいと思っています。


そして、皆様に、テオのブログから何かを伝えられている事を祈っております。

ニックネーム テオ♪ at 19:07| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする