2008年04月14日

兄弟で登る高尾山 (往路編)

4月12日(土曜)は高尾山DAY


聞くところによると、高尾山では例年、東京の桜開花より1〜2週間遅くに満開となるという事だったので、時期を見計らって花見をしようと高尾山に登る計画を立てました。
ちょうどこの日は満開の予定♪
予定では。


現地駅(高尾山口駅)にてどぅまる家と待ち合わせをしておりました。


すると、アレ〜☆
イタチャンに遭遇(驚)

イタチャンに遭遇.JPG


こんなところでお会いできるなんて光栄です♪
お名前を伺うのを忘れてしまったのですが、パパさんとランニングで登山するらしいですょ。
スゴイですね!!!


往復路ともに歩くことを決めていた私たち。
さて、本日の登山コースはどうする〜?
登山計画中.JPG


そんなことを話していたら、隣を歩いていたおじ様よりアドバイスが。

『ワンちゃんと一緒なら稲荷山コースが歩きやすいよー』


じゃ、それに決定(笑)


出発ー!

いざ、出発〜♪.JPG


進め3兄弟〜♪
すすめ3兄弟.JPG

ぐんぐん進む.JPG


山の中に入ってまいりますよー。
高尾山国有林.JPG


稲荷山コースを経て高尾山頂を目指すことにしました。
稲荷山コース.JPG



川の流れに沿って歩いていきます。
水辺を通る.JPG


歩きやすいとは言え山道ですし、前日の雨が若干影響して足場は柔らかめ。

稲荷山-1.JPG 稲荷山-2.JPG

お天気が回復した日だけあって、人は多め。
人多め.JPG


そんなことお構いなしでズンズン進む3兄弟。


途中、川の水で喉を潤したり、
水分休憩.JPG

土の匂いを嗅いでみたり。
土の匂い確認.JPG

森林浴も味わって。
稲荷山-3.JPG


山頂まであと少しかなー。

イヌペースに巻き込まれ、一気に駆け登ってきてしまった(笑)
人間がしんどくなりました。
ちょっと休憩しましょうか。

小休憩-2.JPG 小休憩-1.JPG

さぁ、休憩して元気を取り戻したところで出発〜☆
あと一息ですよー。

元気復活.JPG

頑張って登りましょう!

目指せ山頂!.JPG

あと1息!.JPG


山頂目前にある最後の関門。
魔の長階段・・・・・・・・・

魔の階段-1.JPG 魔の階段-2.JPG 魔の階段-3.JPG



テオ君、ママはスタミナ切れです。
引っ張ってください(爆)

スタミナ切れ-1.JPG スタミナ切れ-2.JPG


ついに到着した山頂では、どぅまるママからご褒美のヨーグルト♪

ご褒美ヨーグルト.JPG

アマル君、鼻に付いてますよ〜(笑)
かわいいからいいけど♪


ちゃんといい子にしていたら、順番に貰えますから。
安心して。

出し抜け野郎.JPG

ヨーグルト目当て.JPG


3兄弟が我先にとヨーグルト争奪戦を繰り広げてる真後ろで人混みが!
『キュ〜トなイタ3兄弟が居るからギャラリー出来てしまったわ〜フフフッ♪』
と思いきや、


なっ!!
な、なんと!!!
元首相の安倍晋三氏がぁ〜〜〜〜!!
頂上はパニック状態です〜!
みんな写メるわ、握手するわ〜、横にいって肩回すわ(爆)!


どぅまるママ、決死の覚悟で写真を撮ります!
で、見事に安倍さんの写真が〜♪

あべさん.JPG

ちなみに岡田君似のSPは残念ながら居ませんでした!!


さぁ〜人混みを掻い潜って、人間様達はお食事の時間〜っす〜。


今日のランチはお蕎麦♪
やまびこ茶屋にて「トロロそば・山菜そば」を頂きました。

やまびこ食堂.JPG トロロそばと山菜そば.JPG


もちろん、荷物持ちで頑張ってくれたパパには黄金のビールを付けて慰労しちゃいますよ(笑)

癒しのビール.JPG


ドゥッガ君はママの隣で美味しそうに匂いを嗅いでいました〜。

トロロそばを見ないふり.JPG


お腹もいっぱいなったとこで、ちょっくら山の中腹まで下山します。

4号路を経由し下山.JPG

下山開始.JPG

下山-1.JPG 下山-2.JPG


途中、つり橋などありイタ3兄弟も多少ビビリ状態。

つり橋-1.JPG つり橋-2.JPG


でもやっぱり楽しそう♪

下山途中-1.JPG 下山途中-2.JPG


下山風景です。




中腹のケーブルカーの駅近くまで降りてきました。
で、ここから再び高尾山薬王院を目指します。

薬王院まで走れ!.JPG

景色を楽しむ余裕も出てきました。




その後、この日の最大サプライズが!!!!!
イタ3兄弟と我々の目の前に、なっ!なんと!!



明日の復路編へと続く。(笑)


ニックネーム テオ♪ at 15:33| Comment(10) | TrackBack(0) | おでかけ♪(出撃〜♪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーーーーーっ、何なの、最大のサプライズって!? 明日が楽しみ♪
→ のってみた(笑)

テオママの文才のお陰で、ワクワクハイキングって印象だけど、
With a SMILE がモットー(?)の私たちから笑顔が消えた、
結構過酷な道中だったよね(苦)

景色の堪能もそこそこにしてまで、
なんであんなに必死に急いで登ったんだろう??(笑笑)




Posted by どぅ〜 at 2008年04月14日 16:27
◆どぅ〜さん
>えーーーーーっ、何なの、
って知ってるジャーン(笑)

確かに、このブログをみると楽しそうに登ってるけど、
途中お喋りもなく笑顔も消えて、ハァハァっていう漏れる息だけが聞こえてきた時間があったよね(爆)

本来の目的は桜だったんだけど、桜を愛でたり森の空気を味わったりしたのは、
後半戦だった気がする〜。

テオとかのペースに完全に巻き込まれたわ・・・・。

BOYSめーッ!!(笑)
Posted by テオママ at 2008年04月14日 18:04
ハイキングもいいですね。
ってうちのダンナは絶対行くタイプでないのでうやらやましい…
写真にいっぱい人写ってますね。
この時期ハイキングにはいい季節なんですかね。
そして安部元総理の姿があんなによく撮れてるってことはかなりの至近距離ですよね。
すごいなぁ〜。
Posted by たこすけ at 2008年04月14日 20:11
お疲れ様ー!!
下山風景を見ただけで疲れてしまった私です(笑)
そんなんで生田緑地に行けるんだろうか…。

ワンたちは全然ばててないの?
やっぱりスタミナが違うんだろうね。
景色はキレイだったかな〜。
安部元首相以上のサプライズが気になります!!
Posted by イオタ&ハラマ at 2008年04月14日 23:52
わわわ。すごい…どんだけエクササイズな山登りっ!?
思わずサプライズを読む前にコメントしちゃいましたー顔(ペロッ)
やっぱりこれだけカロリー消費してるからみんな若くてスリムなのねっ!(反省バッド(下向き矢印)
3兄弟のみんな、よく頑張ったね〜〜!!
高尾山は小学生のころ遠足で行って中耳炎になったトラウマがあって足が遠のいていますが、なんか久しぶりにいい汗かきたくなりました♪
Posted by ミュウママ at 2008年04月15日 00:21
ちょっと下山編が気になるけど、マキちゃん同様 前半を読んだだけで疲れが出ちゃった。しかも登りで(笑)
生田緑地、不安一杯でございます。

続編 楽しみにしとります♪
Posted by ウメ at 2008年04月15日 09:38
◆たこすけさん
この時期は暑からず、寒からず、いい季節ですよ。
お天気が快晴だったら、もーっと良い景色が望めたと思います。

山頂へは、歩きで登るコースが何本かある他、ケーブルカーやリフトがありますので
本当にたくさんの方がいらっしゃいました〜。

ビックリしましたよー。
人だかりが出来ているので、何事?撮影?
って思ったら、安倍元首相だったので、ええ!!!ここにいるの〜!って思いました(笑)

Posted by テオママ at 2008年04月15日 18:44
◆イオタ&ハラマさん
ふふふ。
何気に楽しいんだよ〜。
汗もかくけど、いい運動。いいエクササイズ♪
生田緑地でも頑張りましょう♪

ワンたちは全然平気だったー。
アマル君が最後の最後で歩くのを拒否したけど、そのくらい。
少し休んだらスッカリ元気取り戻したもの。
若い子のスタミナには脱帽でした〜。

景色は良かったよー。
もう少し雲が無ければもっと良かったかも。
緑と空気が濃くて、自然を堪能できました♪
Posted by テオママ at 2008年04月15日 18:45
◆ミュウママさん
へへ(照)
前半戦からペースが速いまま一気に登ってしまいました。
テオ達ワン連れがいると、他の登山客にお邪魔になるって思ったら、
ついつい。。。

でも、行きで計画よりも早くに着いた分、帰りは寄り道したり、ゆっくり帰ることが出来ましたよー。
3兄弟のスタミナは驚きです。
特にアマル君は頑張り屋さんでした!

あら・・・。ミュウママさんは高尾山で中耳炎に。
気圧の関係なのかしら。
でも、久々に登ると気持ちが良いものですよー。
汗をかいてから頂くビールも格別です☆
Posted by テオママ at 2008年04月15日 18:45
◆ウメさん
ウメさんもこのくらいでヘタっていてはなりませんよー(渇)
生田緑地では頑張って歩きましょう♪
美脚♪美脚♪
Posted by テオママ at 2008年04月15日 18:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1350325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック