2008年05月02日

経過報告(5/1日)

テオが入院して5日目になりました。

夕方、面会に行った時の様子を報告致します。

■5月1日(木) 19-20時

すーちゃん(母)と待ち合わせをして面会に向かう。

先生と看護婦さんがテオを連れて出てきた。
点滴管を付けていない。

テオの顔は明るく豊かになってきた。
先生達も笑顔。


テオを床に立たせると、尻尾を振りながらテケテケとこっちに向かって歩いてくる。
相当痩せている。

私のところに近づくと抱っこをせがむように体をくっつける。
抱っこをすると口をペロペロと舐めた。


感動した・・・・


この日の様子を伺うと、
なんと1粒ではあるがご飯を食べてくれたらしい!

1粒口にした後は顔をそむけてしまったけれど、
袋を開ける音にも反応を示し、鼻をクンクンさせたとのこと。

その後、流動食を食べさせるも、吐いてしまったため点滴に変更。
食事をさせた後で吐く以外での下痢や嘔吐はない。


自ら食べようとしただけでも大きな一歩!!!


「すごいよテオ!よくやったね!」


何度も何度もテオを褒めた。


昨日以来、タンパク質の数値低下が懸念されていたが、幸い下降一線からは免れたとのこと。
どうやら点滴などの栄養を吸収してくれているらしい。
腹水などの症状はみられていない。
よかった。

油断できる訳ではないが、安心した・・・。


食べるかどうか分からないが、食べさせてあげて下さいと先生がフードを持ってきてくれた。
袋を開ける音に興味を示す。
手の上に1粒乗せて差し出すと、臭いを嗅ぎ口に含む。
力がないのか、口からポロっとこぼれる。
それからは食べようとはしなかった。

それでもいい。
食べようとする位までになってくれんだから・・・。

もしかしたら嫌いな匂いなのかもしれない。
違う物なら食べるかもしれない!

そう話すと、今のテオに食事制限は全く必要ないので、好きなものを食べさせてあげて下さいと言われる。
好きなものを聞かれたので『生肉。特に牛肉』と答えると、病院でも用意して食べさせてくれるとのこと。

今日、私も夕方に面会に行くが、その時には生肉を持って行って食べさせてみるつもり。

ご飯を自ら食べれるようになったら退院しても良いと言葉をもらう。
希望が膨らんだ。


テオの退院も間近!



ニックネーム テオ♪ at 11:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 体調♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、初めて知りました・・・
テオ君が入院しているなんて
びっくりしました・・・。

その後、何か食べれたのでしょうか?
ちょっとでも食べてくれれば安心ですよね。

少しでも早く元気になってくれる事を
お祈りします。

まずは1口。
がんばれ、テオ君!!
Posted by えり at 2008年05月02日 14:17
あ〜〜〜、よかった。。。
読んでて、嬉しくなって涙が出てきた。。。
テオ君がんばってるね。そして、テオママも!パパも!
すーちゃんがお見舞いにきてくれて、きっとテオ君嬉しかったでしょうね。
お肉、少しでも食べられたらいいですね!
もうすこしだよ!!テオ君がんばれ!!
Posted by ティアラまま at 2008年05月02日 20:01
テオ君とテオままとの間に強いつながりを感じて涙してしまったよ。

本当にテオ君、がんばっていい子だね、
ひとつぶからふたつぶ、そしてさんぶつ、そしてしっかりとご飯食べれるようになる日がみえてきましたね!
お肉元気がでそうだね!
Posted by おれぐら at 2008年05月02日 22:20
よかったぁ・・・
すごい進歩ですよ。”食べたい”って気持ちが大事ですもんね!
きっとママさんやパパさんからの方が食べてくれるんじゃないかな。
ゆっくりでもいいから回復を願ってます。
Posted by ミルコ家 at 2008年05月02日 23:39
テオくん頑張ってますね。
食欲が出てきたら少し安心ですね。
生肉ならきっと食べてくれそう。。。
一口でも二口でも、食べてくれるといいですね。
Posted by yumi at 2008年05月03日 09:32
あ〜、良かった〜!
一口でも、大きな一歩ですね!

苦しそうな我が子を見るのは、本当につらいですよね・・・。
ママさんやパパさんも大変だと思いますが、どうか頑張ってくださいね。

実はうちもリリィが肝臓病と戦っています。お互い頑張りましょ〜☆☆
Posted by リリィまま at 2008年05月04日 22:50
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1367598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック