2008年06月24日

四十九日を迎えて。





ご無沙汰しております。

テオママです。

皆様にはご心配をかけ、温かいお言葉を多数頂いており、
皆様お一人お一人にお返事を差し上げようと思っていたのですが、
毎日が刻々と過ぎ、今日にまで至ってしまいました。
申し訳ありません。


そして、6月22日の日曜日、テオの四十九日を迎えました。


出会いがあれば別れがあるとは分かっていましたが、
まさか自分にこんなにも早く訪れるとは正直思ってもいませんでした。

そして、その別れの日から、あっという間ではありましたが、初七日・二七日・三七日・・・・・と
毎週数えるようにして迎えていただけに、時間だけが過ぎてしまった感があり、
未だに信じられずおりますが、一つ一つの全てを心に刻んでおります。


この日は私にとっても、テオにとっても大切な日でありましたので、
お寺で四十九日の法要をお願いしてまいりました。
テオパパ、私以外に、ドゥッガ一家(ドゥママ、ドゥッガ君、アマル君)、
ステラママが同席してくださいまして、小さいながらも心を込めた法要を行えたと思っております。

たくさんの方から、これが最後の別れではなく、またいつか会える日が来ると教えて頂きました。

それまでの間、お空の上にいるたくさんのお友達と一緒に楽しい時間を過ごしていて欲しい。
ゆっくりと毎日を過ごしてほしい。
今はその気持ちでいっぱいです。



皆様にとって大事な家族との貴重な時間を大切に過ごしていって下さいね☆
私もテオに笑顔で会えるように、前を向いて進んでいきたいと思っています。


そして、皆様に、テオのブログから何かを伝えられている事を祈っております。

ニックネーム テオ♪ at 19:07| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無事、四十九日のおつとめが済んで何よりですね。
そして、お友達も出席してくださり、テオくんも喜んでいるでしょう。。。

人間が亡くなったら、一年は家で見ているよと言いますが・・・ワンコはどうなんでしょうね?やっぱり気配はあるのかなぁ?
私はまぁ、若くして自分の両親を亡くしました。(別々の時期ですが)

テオママのよう毎週毎週・・・と時間だけが過ぎるという感じで・・・
だから、パパ・ママを思うと胸が痛いです。。。

でも!!本当テオくんに笑顔で会える様
ゆっくりでも、前を向いて進んでくださいね。
テオくんがママパパの事が心配で、お空の上で走り回れないとこまるから。

ゴメンナサイねこんな言葉しか送れなくて。。。



Posted by くうママ at 2008年06月25日 00:28
こんばんは、テオママさん。

あの、上手く書けないのですが・・・

きっと、テオ君も笑顔で待っていてくれてると思います。

きっと、絶対そう。

そう思います。。。
Posted by デリママ at 2008年06月25日 23:01
テオ君の四十九日の法要無事終わったのですね、、
ここまでの間、本当につらい日々だったと
思います、、。
四十九日をすぎると仏様になるんですよね。

パパママ様の気持ちを考えれば
今でも涙があふれてきます。でも
テオ君のことを考えれば、やさしく明るい
テオ君はお空からブンブンしっぽを振って
パパママを見守りながら元気に走りまわって
いる気がします、、。

まだまだつらい時に報告ありがとうございます。
テオパパ様やテオママ様のみんなへの思いが
とても伝わってきました。
一緒にいる時間を大切に思ってすごしていこうと
思います、、、
Posted by おれぐら at 2008年06月25日 23:57
テオ君四十九日だったのですね。
この間のテオ家の深い悲しみを察すると心が痛くなりますが、一生のうちでも滅多に無いぐらい、一つの事(テオ君のこと)だけを考える時間を過ごされたのでは無いでしょうか?
きっとテオ君は幸せだと思います。

悲しみを思い出させてしまったら申し訳無いのですが↓に、ほっかむり載せてます。
http://sun-wynn.blogspot.com/2008/06/blog-post_10.html
Posted by サンチチ at 2008年06月26日 00:29
大好きなパパママや兄弟、お友達に法要をしてもらって
テオくん、よかったね。

きっと、パパさんママさんにありがとうって笑顔で言ってますね。
お二人のお気持ちを思うと、胸がいっぱいになります。

わたしも、幼い頃からいくつかの別れを経験しましたが
今でも、その子たちが時々ふっとよみがえる時があります。
小学生の頃にお別れをした子とかも。
そんなとき、ずっと見守ってくれてるんだなぁって思うんですよ。
それで、たまに会いに来てくれてるんだなぁって。

悲しみが癒えるには、時間が必要ですね。
でも、テオくんはお二人のそばにいてくれますよ。
きっと、がんばってねって言ってくれてます。

お言葉のように、大切にこの時間を過ごすようにしますね。



Posted by ティアラまま at 2008年06月26日 02:05
あれから時々ブログを覗かせてもらっていました。
どうしたかなぁ・・・と思って。

無事に四十九日を終えられたようでよかったですね。
きっとテオくんもママとパパの事を見ていると思いますよ。
元気出してくださいね。


そうそう、昔の記事をちょっと読み返させてもらいました。
テオくんは埼玉から来たのかな?
もしかしたら、tinaと同じ所から来ていたみたいです。
なんとなく繋がりを感じて今更なんだけど
嬉しく思いました。。。
Posted by happyママ at 2008年06月26日 11:55
無事 四十九日の法要を終えられたんですね。
さみしくて辛い毎日でしたね。
でも立派に送ってもらって、テオ君は きっと天国から喜んでくれてると思います。

テオ君やテオママ・テオパパから学んだ事がたくさんたくさんあります。
ワンコと過ごせる幸せな時間を大切にしていきたいと思います。

こちらから お空の様子は覗えないけど、テオ君は きっとパパとママのことを ずーっと見守ってくれてると思います!
これから どんどん暑くなるし、テオ君の為にも、お体 ご自愛下さいね。
Posted by ウメ at 2008年06月26日 17:16
四十九日、天国に旅立っていったのですね。
いつの日か、また一緒に遊べる日が来るまで、みんなで歩んでいきましょうね。
Posted by alto & vito dada at 2008年06月26日 18:10
テオくんはいつも
テオパパ・テオママそしてみんなの近くにいる気がします。
テオパパ・テオママのようなやさしく愛情深い方に育てられたテオくんだから、みんなのこと見てくれてるんだよね。
お空で楽しく走り回りながら、今日の出来事を報告しにきたりしてくれてるんだよね…☆

ちゃんとしっかり伝わってるよ。
毎日を大切に過ごしていきます。どうもありがとう。
Posted by まき at 2008年06月26日 19:27
無事に四十九日の法要が終わったんですね。
悲しみが癒えるにはまだまだ時間が必要だと思いますが、
きっとテオくんはテオパパとテオママことを近くで見守っていると思います。
いつか笑顔で再会できる日まで。
私もテオくんのこと、忘れません。。。
Posted by yumi at 2008年06月27日 11:28
こんばんは。
四十九日の法要無事に終えられたようですね。
私は・・・
テオ君が虹の橋に旅立つ際、けして悲しんでなんかいなかったと思います。
優しいパパ&ママと出会い、沢山の愛をもらい、沢山の幸せな時を過ごせたことで胸を張って旅立つことが出来たと思います!!

ママさんも自信を持って前を向いて進んでいってくださいね。

テオ君、そしてテオ家から沢山の事を学ばせていただきましたことを心より感謝しています。
Posted by CHASE at 2008年06月27日 21:52
テオママさんパパさんへ

テオ君天国の階段登って行ったのですね。

今まで大切に育ててもらった分、今度はテオくんが側でママさんパパさんを、見守ってくれてると思います。









Posted by ジジまま at 2008年06月28日 01:19
はじめまして。モムといいます。
ジジままさんのところからやってキマシタ。

ダドもモムも読ませていただきました。
実はうちとよく似ていたので、コメントせずにはいられなかったのです。

うちのカーロは1歳3ヶ月で突然ダドとモムの腕の中からいなくなりました。。
2年近く経った今も逝ってしまったときのことを鮮明に覚えています。
カーロがいなくなって数日は仕事の帰りに一人で玄関を開けることが出来なくて、
ダドの帰りを外で待っていたことを想い出します。
2人でたくさん泣き、支え合って、そしてブログ仲間にすごくすごく救われ、
新しい家族を迎え入れ、今に至ります。

テオ君はお2人のところに来る運命にあり、
そして一緒に過ごせて、とってもとっても幸せだったと思います。
今はお2人でたくさん泣いて、たくさん想い出に浸ってください。
Posted by モム at 2008年06月28日 13:57
時を待つしか、、、いいえ。
待つほど、、奥深くまで痛い。。
癒されぬ想い。。。

 でも、それが 次の幸せの始まり。

 テオパパさん、ママさんの優しさと強さはたくさんの人とワンの輪をつなぎ、
それはどんどん繋がっていってます。
  
  地球中にこの輪がひろがったら、
人類、ほんとに幸せになれるのになあ。って思いました。

 とてもステキな出会いをありがとう。

 いつか必ず、、お会いできる日を楽しみにしております。
Posted by aipyon at 2008年06月28日 22:59
四十九日ですね。テオ君のことで本当にいろいろ学んだり、共感したり、私には本当に意味のあるブログであり、テオ家とテオ君に感謝の気持ちでいっぱいです。
出会いがある以上は別れがあり、それがいつ来るかは誰にもわからないので、毎日、を本当に大切にしないとと最近よく思います。また、ワンコは7倍速だからワンコとの時間、1日は私達の1週間だと考えるようにしてます。
Posted by kurin at 2008年06月28日 23:51
心のこもった法要が行われて本当に良かったですね。

月日が過ぎていく中で、もうテオ君の武勇伝を拝見することが出来ないなんて信じられない気持ちと、もう拝見出来ないと思うと悲しい気持ちでテオ君のことを思っています。

うちのジョニーが旅立って半年が過ぎますが、最初はつい涙が出てしまって思い出話もあまり出来なかったのですが、最近ではジョニーがいたときと同じように、彼の性格の話とかおかしな行動の話とか普通に出来るようになりました。

笑って思い出話が出来るようになるにはまだ時間がかかると思いますが、テオ君のお話いっぱいしてあげてくださいね。
Posted by ミネ at 2008年06月29日 10:16
時は過ぎるものですね。
またお会いできる日を待ってます。
テオくんが繋げてくれた縁、大切にしたいです。
Posted by ミルコ家 at 2008年06月29日 13:17
心のこもった四十九日の法要を終えられたのですね。テオ君も元気に走り回って、きっと喜んでくれていることでしょう。

テオ君から色々教えてもらったこと、無駄にしないで大事にしていきたいと思っています。
Posted by 竜馬ママ at 2008年06月29日 14:15
テオ君との思い出これからも大切にしていきます。
愛犬と過ごす時間の大切さ、いろんなことをテオ家から学ばせていただきました。
またお会いできる日がくることを願ってます。
Posted by シャヴィママ at 2008年06月30日 21:00
四十九日の法要の日を迎えるまでも毎日が辛い事だったと思います。
今でもぽっかりと空いた穴を埋めることは難しいかと思いますが・・
上手く言えませんが、テオ君はいつだってパパ、ママの楽しい笑顔を見ていたいはずです。
目で見て触る事は出来ないけど、それは辛い事だけど、でも、テオ君はいつだってパパ、ママの傍にいるのだと思います。
教えていただいた事、胸にしっかり刻みます。
また、お会いしましょう!
テオ君がくれた、大切な素敵な縁だと思っています。

Posted by すみれ at 2008年06月30日 22:08


はじめまして。
親戚探しのサイトからおじゃましますぅ!
我が家もイタグレを飼っております。
共感する事が沢山あって、更新を楽しみにしています。
私もブログを開設しましたので、良かったら
遊びに来てください♪
http://oruriko.blog36.fc2.com/
Posted by ruriko(みんなのママ) at 2008年09月02日 22:26
神に愛されし物 テオフィロスへ

わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。
わたしたちは、天から与えられる住みかを上に着たいと切に願って、この地上の幕屋にあって苦しみもだえています。 
それを脱いでも、わたしたちは裸のままではおりません。
この幕屋に住むわたしたちは重荷を負ってうめいておりますが、それは、地上の住みかを脱ぎ捨てたいからではありません。死ぬはずのものが命に飲み込まれてしまうために、天から与えられる住みかを上に着たいからです。
わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。神は、その保証として“霊”を与えてくださったのです。
Posted by Aya at 2008年11月02日 04:52
はじめまして、こんにちわ。
急に、今頃 コメントさせていただきまして すみません。
私達は、イタグレ ZERO を迎えて1年ちょっとが過ぎました。
『ブログ』と、いうものも今まではまったく経験もなく、見ることもありませんでした。
半年ほど前から、見よう見まねで『ブログ』をはじめました。
正直、生前のテオ君の事は知りませんでした。
四十九日の記事を、少したってから 読ませていただいたのが初めてでした。
ワンコ達と、私達では 『寿命』が違う、、、という事は百も承知でその時の覚悟もしなくてはいけないとも思っています。
テオママさんはじめ、ご家族の方々の心傷は 私達にはとても想像できません。
今頃になって、このようなコメントを入れさせていただくのは 大変失礼 かとも思いました。し、大変失礼だ。と自分でも思います。

ただ、テオ君のブログを拝見してから ずっと 『あどべんちゃ〜 of テオ♪』の文字が、テオ君 の事が 何故か脳裏から離れないのです。

自分勝手なコメントですみません。


もし、このコメントをご覧になられましたら 本当に失礼なコメントで申し訳なかったです。

心より テオフィロス君のご冥福をお祈りします。

ZERO家一同
Posted by ZEROパパ at 2008年11月17日 17:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1420394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック